FXコピートレード(コピトレ)とは?詐欺に遭わないためのび方&おすすめ会社を解説

FXコピートレード

まだFXに慣れていない、もしくは思うように利益が出せないという方は、「トレードに成功している人と同様の取引をすれば良いのでは?」と考えることがあるかもしれません。

実際、FXでは「コピートレード」というシステムを利用することができ、その名の通り真似したい方のトレードを再現することが可能です。

今回は、コピートレードのメリット・デメリットについて詳しく解説していくので、是非参考にしてみてください!

目次

コピートレードとは?

コピートレードとは、プロのトレードを自分の口座にコピーして取引を行う方法です。

再現するトレーダーがポジションを持つと同様に自分の口座に複製され、決済も行われます。つまり、プロトレーダーが利益を出すと、自分自身も儲けられる仕組みとなっているのです!

コピートレードは3つの種類に分かれます。

種類特徴
半裁量基本的な注文はシステムが行うが、レートの状況によっては自らの判断が必要
完全裁量型全ての注文を自分で行う
システム型注文は自分で行わず、自動的に売買が行われる(EAと変わらない)
3種類のコピートレード

コピートレードを利用するには、手数料・月額手数料・成功報酬等を支払わなければならず、このお金がFX会社の利益となっています。

取引量の設定は自由度が高く、資金によって自動で配分することも可能です。

プロトレーダーにほぼ運用を任せている状態なので、自分一人では稼げない・初心者トレーダーだという方は積極的に利用してみましょう!

コピートレードのメリット

コピートレードのメリットは以下の通りです。

  • 頻繁にチャートを見なくても良い
  • 取引のタイミングは自動調整可能
  • 通貨ペア・取引量を自分で判断できる

順番に確認していきましょう!

頻繁にチャートを見なくても良い

コピートレードでは、プロトレーダーと同じ取引を勝手に行ってくれるので、自分がトレードしなくても問題ありません。

ですので、チャートを常に確認できない・時間がないという方におすすめです!

取引のタイミングは自動調整可能

自動売買は平均的な市場を前提に作られているので、経済指標発表や思わぬ事態でレートが急変動した時に、大損失になる可能性があります。

このような状況を避けるためには、プログラムの動きのチェックを行い、ポジションの調整などのタイミングを判断しなくてはなりません。

対して、コピートレードは常に変動する市場をその場で確認しているので、予想外の状況になっても柔軟な対応が可能ですよ!

通貨ペア・取引量を自分で判断できる

自動売買とコピートレードの違いは、通貨ペア・取引量を自分で判断できることです。

コピートレードなら取引における知識や分析をする必要がないので、初心者トレーダーでも大規模な利益が狙えるでしょう!

コピートレードのデメリット

コピートレードのデメリットは以下の通りです。

  1. 証券会社が限定されている
  2. 成功報酬を支払う義務あり
  3. 運用を任せるトレーダーの実力が不明

順番に確認していきましょう!

証券会社が限定されている

海外FXでは取引方法の1つとして重宝されていますが、国内では提供している証券会社が限定されています

これは、金融監督庁が委任状や投資助言を厳密に規制しており、資格を求めているためです。

FXは外貨も使う取引ですが、外貨は資金を出す・管理するという点に問題がある場合も考えられます。

成功報酬を支払う義務あり

コピートレードには毎月支払うものや利益の一部を徴収されるといったものがあります。

大体のサービスで成功報酬が18%と決められているので、自分の利益から一定の金額を引かなければならないことを確認しておきましょう!

運用を任せるトレーダーの実力が不明

プロトレーダーの取引を再現するコピートレードで、本当に収益に繋がるかは運用を任せるトレーダーの力量にかかっています。

実績を確認する方法は過去を遡るしかありませんが、確認できる情報が全て真実とは限りません。

取引の結果を保証するわけでもないので、リスクが高いと感じる方もいるでしょう。

コピートレードの詐欺について

この取引を利用する際には、詐欺に注意してください。

詐欺の手口やよくある勧誘方法について詳しく紹介していきます。

MAM・PAMMに騙されない

コピートレードと嘘をついたMAM・PAMMはコピートレードを不正利用している可能性が高いです。

MAMは、プロトレーダーに運用を任せる方法で、取引した履歴を確認できます。

PAMMも、プロトレーダーに運用を任せる方法ですが、取引履歴ではなく損益の結果だけが見れます。

どちらの取引もプロトレーダーに委託している状態なので、ユーザーは自分のタイミングで運用を止めることができません。

コピートレードとMAM・PAMMの異なる点

コピートレードMAM・PAMM
基本的な機能取引シグナルのコピー限定プロトレーダーが取引
(ほぼ信託投資)
停止常時可能契約している間は不可
決済/出金常時可能契約している間は不可
入金先フォロワーの口座MAM=投資者口座
PAMM=専用口座
取引履歴全公開MAM=公開
PAMM=非公開
比較表

コピートレードは自分自身で運用する権利があるのに対し、MAM・PAMMの場合はプロトレーダーに委託している状態です。そのため、運用を止めたくなったり、出金・決済がしたくなったりしても急にはできません。

MAM・PAMMは詐欺のリスク高め

MAM・PAMMは詐欺目的で利用されることが多く、コピートレードとの見分けがついていないトレーダーをターゲットにします。

コピートレードと形式は変わらないと説明されても、実際のシステムは大きく異なり、ユーザーは自分のタイミングで運用を止めることができません。

全てが詐欺目的ではありませんが、見極められないという方は利用しないようにしましょう

コピートレード詐欺でありがちな勧誘方法

コピートレード詐欺の勧誘方法はパターン化しています。

  1. SNS上で招集する
  2. マッチングアプリを使って勧誘する
  3. インフルエンサーを利用する

順番に確認していきましょう!

SNS上で招集する

XやLINEを利用して「FXで億万長者になりましょう!」と宣伝し、主要なFX会社を勧めないユーザーには気を付けてください。

素晴らしい実績を持ったプロトレーダーも必ず勝てるわけではありませんし、損失を出してしまう時もあります。

「楽して稼げる」「誰でも簡単」という言葉に騙されず、口コミやSNSでの評判を確認して利用する会社を決めましょう!

マッチングアプリを使って勧誘する

マッチングアプリを使って会った相手に「今なら稼げるよ」「FXを教えるからやってみない?」と勧誘される場合があります。

関係が切れたり、異性として見ると断りにくかったりしますが、詐欺師はお構いなしに踏み込んできます。

マッチングアプリを経由して会った人がFXをおすすめしてきた場合、詐欺である可能性が高いので、会わないようにしましょう。

インフルエンサーを利用する

Instagram・X・YouTubeで知名度のあるインフルエンサーが、詐欺と分からずにMAM・PAMMを宣伝している場合も考えられます。

インフルエンサー自体は企業から仕事を任されて動画を作成しているので、MAM・PAMMが詐欺か否かの判断はできません。

「インフルエンサーが紹介しているから安心だ」と信用するのではなく、安全に取引できるかをきちんと確認するようにしてください!

コピートレードは違法の可能性もある

誰でも簡単に取引ができるコピートレードですが、「トレードの知識やスキルが身に付かず、長期的には稼げない」という声もあがっています。

素晴らしい実績を持ったトレーダーの見極めは非常に難しく、利益も保証してくれるわけではありません。

さらに、サーバーが異なることから、価格・約定力に違いが出たり、取引のタイミングがずれたりすることも考えられます。

とにかくリスクを回避しながら取引したいという方は、自動売買が向いているでしょう!

コピートレードよりおすすめしたい3つのFX会社

コピートレードよりおすすめしたい3つのFX会社は以下の通りです。

順位FX会社
(自動売買ソフト)
利益実績
(2024年4月現在)
最低入金額キャンペーン
(2024年4月現在/最大額)
第1位外為オンライン
(iサイクル2取引)
驚きの成績! 
99.62%(※)
6,000円150,000円
第2位インヴァスト証券
(トライオートFX)
75.0%
(12戦中9勝)
 4,000円50,000円
第3位FXブロードネット
(トラッキングトレード)
87.3%4,000円60,000円
(※)本口座にて、2022年1月3日~2022年6月30日の期間に設定された すべてのiサイクル2取引™において、利益が発生した設定の実績です。

3社が提供している自動売買ツールは過去の実績も高いので、どんな方でも始めやすいと思います。

少額・初心者の方でもFXで儲けを出すコツ

少額から取引したい・初心者の方が利益を出すためには、評価の高いFX業者で優れた自動売買を使うようにしましょう。

上の3社は自動売買において高い評価と実績を得ており、FX未経験の方でも取引しやすい環境が整っています。口座開設は無料でできるので、気になった会社が1つでもあったらぜひ作ってみてください。

また、自動売買に全てを委託するのではなく、自分で経済ニュースやレートを確認してプログラムの見直しを行いましょう。

第1位 外為オンライン

外為オンライン

FXを経験したことがないユーザーを含んだ99.62%(※)のトレーダーが稼いでいる、No.1のFX会社となります。

(※)本口座にて、2022年1月3日~2022年6月30日の期間に設定された すべてのiサイクル2取引™において、利益が発生した設定の実績です。

自分の資金や好みで取引を設定できるので、自動売買を始めやすいです。講義や電話によるサポートが手厚く、利益を出しながら学ぶこともできます!

現在口座を開設すると、最大150,000円相当のキャッシュバックが受けられ、開設が完了してから90日間は「iサイクル2取引」の手数料がかかりません

これから自動売買を始めたいなら、今がベストなタイミングでしょう!

\ 新規口座開設+取引で最大15万キャッシュバック /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

第2位 インヴァスト証券

インヴァスト証券

リストから選択するだけではなく、自分自身で自動売買を作成することもできるので、初心者から上級者といった幅広いユーザーが利用しています。

業界最狭スプレッド・各種取引料無料となっているため、取引費用を最低限に抑えることが可能です。

インヴァスト証券の口座の新規開設&条件クリアで最大50,000円のキャッシュバックを受け取りましょう!

第3位 FXブロードネット

FXブロードネット

利益実績が87.3%と高く、スマホアプリの「FXブロードネットZero」から利益を出しているものを設定するだけで、プロトレーダーと同様の売買が行えます。

実際の売買結果がランキング形式で確認できるので、FXの経験や分析・知識がない方でも始めやすいでしょう。

今なら口座開設&条件クリアで最大60,000円がキャッシュバックされるため、必ずチェックしてください!

「iサイクル2取引」がおすすめ!

コピートレードよりも「iサイクル2取引」がおすすめです。これは、事前に決められたプログラムを選択するだけで取引を始められるものになります。

実績
  • 全ての収益率:99.62%(※)
    (※)本口座にて、2022年1月3日~2022年6月30日の期間に設定された すべてのiサイクル2取引™において、利益が発生した設定の実績です。
  • 1万通貨コース(運用資金100万円以上)の収益率:89.63%
  • miniコース(30万円~50万円未満)の収益率:88.41%

上記のように、全体の99.62%(※)のトレーダーが実際に利益を出しており、各運用資金の収益率も他社とは比べ物になりません。年利で10%以上となるのは投資の世界では珍しいことなので、かなり優秀だと言えるでしょう。

(※)本口座にて、2022年1月3日~2022年6月30日の期間に設定された すべてのiサイクル2取引™において、利益が発生した設定の実績です。

プログラミング・FXの知識に自信がなくても、チャートを見ながら利益・損失制限、エントリー価格を決めるだけで設定することができます。

中・上級者向けにはビルダー機能を利用した自動売買プログラムを作成したり、自分なりに変更して管理したりと様々な機能が揃っていますよ!

期間限定で外為オンラインは最大150,000円のキャッシュバックキャンペーンを開いています!大変お得なキャンペーンですので、まだ口座を開設していない方は今すぐチェックしてみましょう!

コピートレードのまとめ

今回はFXのコピートレードについて詳しく説明してきました。

コピートレードはメリットも多いですが、その分デメリットもあるので、長期的な取引を考えているのであれば利用しない方が良いかもしれません。

自動売買の「iサイクル2取引」は、FX未経験者でも知識やスキルを向上させながら利益を出すことができます!

今なら最大150,000円分キャッシュバックが受け取れ、開設後90日間は手数料がかからないので、口座を開設する絶好の機会だと言えるでしょう!

\ 新規口座開設+取引で最大15万キャッシュバック /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

目次