FXスワップポイントだけで生活!スワップ生活を最速で実現する方法

スワップポイントだけで生活しよう

ポジションを保有するだけで利益が出せるスワップポイントは、初心者でも取り入れやすいFX投資手法の1つです。

スワップポイントは、ポジションを保有して翌日に持ち越しするだけで利益を得られるだけあって、忙しい人やFX取引に時間が取れない人でもやりやすい手法でもあります。

そのため、スワップポイントだけで生活したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

結論だけ言うと、スワップポイントだけで利益を出すには莫大な資金が必要になるので、誰でもできる方法ではありません。

この記事では、スワップポイントだけで生活するために大きな利益を出す難しさと、FXスワップポイント生活がよりよくできるような方法をご紹介していきます。

【FXで利益を出すための最大の秘訣とは?】

FXで効率良く利益を積み重ねる最大の秘訣は、自分に合ったFX会社・口座を利用することです。

もちろん、初心者の方が自分にとって最適な口座を見つけることは簡単ではありません。しかし、以下の2つの口座を開設しておけば、手軽にFX取引のを経験を積み、自分の取引スタイルを確立することができますよ!

  • 裁量取引(自分でFX取引)に挑戦したいなら

    →初心者でも分かりやすい仕様で圧倒的人気を誇る「GMOクリック証券」がおすすめ!
  • 自動売買(システムが自動で取引してくれる)に興味があるなら

    →自動売買で人気No.1!24時間プロの取引をしてくれる「外為オンライン」がおすすめ!

GMOクリック証券、外為オンラインはどちらも無料で口座開設が可能です。どちらが自分に合っているのかを判断するためにも、まずは1か月間取引に挑戦してみてくださいね!

目次

スワップポイントだけで生活するシミュレーション

ポジションを保有しているだけで毎日もらえるスワップポイント。このスワップポイントだけで生活していきたいと考える人もいるのではないでしょうか。

それでは、本当にFXスワップポイント生活が可能かどうか、まずは考えてみましょう。

スワップポイントとは

そもそもスワップポイントとは、FX投資した2通貨間の金利差によって受け取れる利益を言います。

スワップポイントは、各国の「政策金利」が影響しており、例えば低金利通貨の日本円を売って、高金利通貨のニュージーランドドルを購入すれば、その金利差を毎日受け取ることが可能です。

ただし、その逆で低金利通貨を買って、高金利通貨を売ってしまうと、スワップポイントはマイナスとなり、支払いが必要となってしまいます。

なお、スワップポイントは毎日受け取ることが可能です。

スワップポイントだけで生活費を稼ぐ

実際に、スワップポイントだけで生活費を稼ぐことができるかシミュレーションしてみましょう。

月にスワップポイントで稼ぐ必要がある金額は、以下の条件で算出してみます。

条件

生活費は月平均で255,318円(総務省統計局の2022年家計調査による2人世帯の生活費)
※課税対象所得税と復興特別所得税15.315%、住民税5%がかかる

参考:家計調査年報(家計収支編)2022年(令和4年)

上記条件を踏まえて、スワップポイントで月32万円稼ぐ必要があるとしてシミュレーションしてみます。

メジャー通貨である米ドル/円、スワップ狙いの取引で人気のトルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円の通貨ペアでそれぞれ、月32万円稼ぐのにいくらの資金が必要かみてみましょう。ただし、レバレッジは1倍、スワップポイントに変動がないケースで計算します。

通貨ペア米ドル/円トルコリラ/円メキシコペソ/円南アフリカランド/円
レート150円4.85円8.79円7.93円
1日のスワップポイント(1万通貨)230円32円26円17円
1カ月のスワップポイント(1万通貨)6,900円960円780円510円
1カ月に必要な通貨数46.5万通貨335万通貨411万通貨628万通貨
1日のスワップポイント10,695円10,720円10,686円10,676円
必要資金6,975万円1,6247.5万円3,612.7万円4,980万円
月32万円スワップポイントだけで稼ぐ場合

1日に32万円稼いでいくとなると、1カ月に必要な通貨数もかなりの数量が必要になります。スワップポイントが比較的多いトルコリラであっても335万通貨必要で、資金に換算すると162,475,000円が必要になります。

FX口座によってはレバレッジがかけられるとはいえ、これほどの大金をトルコリラで保有することは高いリスクを伴います。

では、安定している米ドルでスワップポイントを稼ぐ場合は、必要な資金が約7,000万円になってしまうので、手を出せる人も限られてくるでしょう。

つまり、スワップポイントだけで生活するのは、高リスクを払えばできるとはいえあまりおすすめできません。

新興国通貨の長期取引をすすめない理由

現在成長段階に位置しており、今後の経済成長と発展が期待されている国の通貨を「新興国通貨」と言います。今回ご紹介したトルコのリラ、メキシコのペソ、南アフリカ共和国のランドが新興国通貨に該当します。  

これらの国は今後の発展が期待できますが、通貨の流動性が低く、政治や社会情勢によって通貨が暴落するリスクが高いです。

現実的にどのくらいの生活費を稼げる?

FXでスワップポイントを稼ぐには、必要資金が多く必要になるので、FXスワップポイント生活はリスクも高くなるので、現実的に難しいです。

それでは、現実的にスワップポイントだけで生活費をいくら稼げるのでしょうか。

スワップポイントで稼ぎたい金額を高く設定してしまうと、その分必要資金も多くなってしまいます。そこで、自分の資金や取引通貨ペアなどに応じて5万円〜10万円に設定すると良いでしょう。スワップポイントだけの利益に依存せずに、利益にプラスするという考え方です。

実際に、先ほどと同じ条件で5万円と10万円のスワップポイントをシミュレーションしてみます。

【月5万円スワップポイントで稼ぐ場合】

通貨ペア米ドル/円トルコリラ/円メキシコペソ/円南アフリカランド/円
1カ月に必要な通貨数7.3万通貨53万通貨64.5万通貨98.5万通貨
1日のスワップポイント1,679円1,696円1,677円1,674円
必要資金1,095万円257万円566.9万円781.1万円

【月10万円スワップポイントで稼ぐ場合】

通貨ペア米ドル/円トルコリラ/円メキシコペソ/円南アフリカランド/円
1カ月に必要な通貨数14.6万通貨105万通貨129万通貨197万通貨
1日のスワップポイント3,358円3,360円3,354円3,349円
必要資金2,190万円509万円1,133.9万円1,562.2 万円

米ドルなどのメジャー通貨は、5万円のスワップポイントを稼ぐためにも約1,000万円ほどの資金が必要になりますが、新興国通貨であれば手を出しやすくなります。

リスクも抑えられ、現実的にスワップポイントを利益にプラスすることができますよ!

FXスワップポイント生活をおすすめする理由

スワップポイントを利益に加えていく生活をおすすめする理由は大きく分けて2つあります。スワップポイントのメリットとも言える理由をそれぞれ見ていきましょう。

初心者でも始めやすい

スワップポイント狙いの取引はデイトレードやスキャルピングトレードよりも簡単に利益を得やすいので、FXの知識が浅い初心者でも始めやすいというメリットがあります。

FXにはデイトレードやスキャルピングトレード、スイングトレードなど様々な取引手法がありますが、いずれもテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などをしながら、レートを見て根拠に基づいた取引をしていく必要があります。

一方、FXスワップポイントを目的とした取引では、ポジションを保有しているだけで利益を得ることができるので、毎日の分析やレートを見ながらタイミングをはかる必要がありません。

そのため、FXの専門的な知識や技術も必要なく、初心者でも始めやすいです。

手間がかからない

FXスワップポイント生活をする最大のメリットが、売買取引をしていく手間がかからない点です。

スワップポイントはポジションを保有しているだけで、毎日スワップポイントがもらえるので、売買注文などの手続きが不要で利益を獲得することができます。

レートを見て相場の値動きに常に気を配る必要がないので、日中忙しい人やFX取引に多くの時間を避けない人にもスワップ狙いの取引はおすすめです。

スワップポイントで稼ぐリスク

良いこと尽くめのように感じるスワップポイント狙いの取引ですが、多くの資金が必要となるほか、様々なリスクもあります。

今回は、スワップポイントで稼ぐ際に確認しておくべきリスクを3つご紹介します。

政策金利によってスワップポイントは変動する

スワップポイントは、シミュレーションのように毎日同じ金額のスワップポイントが付与されるわけではありません。スワップポイントは毎日変動することを考慮するようにしましょう。

スワップポイントとは、FX投資した2通貨間の金利差によって受け取れる利益であり、そこには「政策金利」の影響があることもお伝えしました。つまり、政策金利が変われば、スワップポイントも変動していくのです。

スワップポイントは何もしなくても毎日付与されるので、国の政治・経済などもチェックすることなく、そのまま放置してしまわないように注意しておいてくださいね!

政策金利とは、各国の中央銀行や物価や景気の安定を図るために行う​​短期金利のことを言います。景気を刺激する際には「金融緩和」、景気過熱を抑えるために「金融引き締め」など景気や情勢によって金利を上げたり下げたりして調整していきます。

レートによってスワップポイントは変動する

スワップポイントは政策金利だけでなく、各国のレートによっても変動していきます。

スワップポイントのベースになっているのは金利であり、利率によってスワップポイントが計算されるのです。もちろん、レートが下がってしまえば、もらえるスワップポイントも少なくなってしまいます。

例えば、トルコリラ/円のケースで見てみましょう。

  • 1トルコリラ=30円の場合
    30円×1万通貨×スワップポイント付与率(10%)=3万円
  • 1トルコリラ=10円の場合
    10円×1万通貨×スワップポイント付与率(10%)=1万円

政策金利が変わらなかったとしても、レートが上下してしまうと、上記のように得られるスワップポイントも変動してしまうのです。

日本円との通貨ペアが多い

スワップポイントを重視した取引をする場合に、注意したいのが日本円との通貨ペアが多いと言う点です。

日本円は世界でも低い政策金利を設定しているため、ほとんどが「日本円を売る」スワップ狙いの取引ができるよう、日本円との通貨ペアが多くなっているのです。

しかし、日本円通貨ペアが多いとリスクを分散させる際には非常に不便になってしまいます。リスクを分散させるために他の通貨ペアでスワップ狙いの取引をしようとしても、なかなか難しいのです。

日本円と他の通貨ペアの取引をしたとしても、日本円の急な円安や円高、政策金利の引き上げなどの情勢に影響されてしまうので、リスク分散と言う観点から見るとややリスクがある点に注意してくださいね。

スワップポイントだけで生活できるくらい稼ぐためのコツ

スワップポイントだけで生活できるくらいに稼ぐには、スワップポイントのリスクやメリットをしっかり理解することが大切です。

ご紹介してきたように、スワップポイント狙いの取引はたくさんの資金が必要になるので、投資戦略にスワップポイントを組み入れるようにしてみるのもおすすめです。

ここでは、FXスワップポイント生活するコツをご紹介します。

通貨ペアを分散する

FXでは、リスクを分散させることが大切です。

スワップポイント取引において、最も付与率の高い通貨ペアに注力して取引をしたい気持ちもわかりますが、もし運用が上手く行かなくなった時に、大きな損失が発生してしまう可能性があります。

スワップポイント狙いの取引をする際には、通貨ペアを分散させるのがリスク分散の観点でも効果的です。

ただし、トルコリラ/円、メキシコペソ/円と言う通貨の分散ではなく、新興国通貨とEU加盟国通貨、メジャー通貨ペアなどグループ分けをして、それぞれ各グループから通貨ペアを選ぶようにしましょう。


新興国通貨ペア
・トルコリラ/円
・メキシコペソ/円
・南アフリカランド/円

EU加盟国通貨ペア
・チェココルナ/円
・ハンガリーフォリント/円
・ポーランドズロチ/円    など

メジャー通貨ペア
・米ドル/円
・ユーロ/円
・カナダドル/円  など

新興国通貨ペアは高スワップが期待できる通貨ペアですが、通貨の流動性が低く、政治や社会情勢が不安定で暴落するリスクも高いです。また、EU加盟国通貨は常に高い政策金利を設定しているわけではないものの、高い金利政策を行っています。

一方、メジャー通貨ペアは資金がかなり必要になってしまいますが、流動性が高く安定している通貨ペアと言えるでしょう。

このように、通貨の特徴ごとにグループ分けをして、それぞれ分散して投資するとリスク管理がしやすくなります。

レバレッジで戦略をコントロールする

スワップポイントのような長期取引をする場合は、ロスカットに注意しなければなりません。

ロスカットで自動的にポジションが決済されてしまうと、もちろんスワップポイントを受け取ることができません。

スワップポイントで長期取引をしていくなら、ロスカットのリスクを回避しながら取引を進める必要があります。そこで効果的なのが、レバレッジをコントロールすることです。

レバレッジをかけすぎてしまうとロスカットの可能性も高くなりますが、効率的にスワップポイントを受け取ることができます。

このようにレバレッジの掛け方を工夫することで、ロスカットのリスクを防ぎながら取引を進めていきましょう。

ロスカットとは、損失額が一定水準に達したら保有ポジションを自動的に決済することで、損失の拡大を防ぐ機能を言います。

おすすめのポートフォリオ

スワップポイント狙いの取引では、スワップポイントの高さだけでなく、国の政策金利や情勢などにも目を向けていく必要があります。

例えば、新興国通貨の通貨は不安定で大きな下落のリスクがあります。また、安定しているメジャー通貨では政策金利の影響で予想もしない低下を生むかもしれないのです。

そのため、どれか1つの通貨ペアに注力するのではなく、リスクを分散させることが大切です。一番分かりやすいのは、下記のような相関関係のない通貨ペアを作り、ドルコスト平均法を使って毎月一定額を投資していく方法です。

新興国通貨通貨ペアトルコリラ/円
EU加盟国通貨​​ハンガリーフォリント/円
メジャー通貨ペア米ドル/円

このように相関関係のない通貨ペアでポートフォリオを作成すれば、リスク分散に役立てることができます。

例えば、ハンガリーフォルト/円の通貨ペアで損失を出したといても、トルコリラ/円、米ドル/円で安定的な利益が出せれば全体的な損失を抑えることができます。

これ以外にも、トルコリラと相関関係の少ない南アフリカランドの通貨ペアを作るなど、様々な組み合わせができるので、自分でしっかり研究してポートフォリオを作成してみましょう。

他の投資商品を組み合わせる

スワップポイント狙いの取引の最大のメリットと言えば、手間がかからないことです。

忙しい人でも取引しやすい方法ですが、実はスワップ狙いの取引以外にも手間がかからない投資商品は数多く存在します。これらを組み合わせることでリスクを分散して、投資していくことができます。

スワップポイントのように手間のかからない投資方法の代表として、自動売買や投資信託があります。これらはスワップポイントと同じく、FXの専門的な知識も不要で、自ら売買取引しなくても利益を得ることが可能です。

また、自動売買は自ら設定をすることもできますが、用意されたものから自分で選んで設定するだけなど、簡単なものがほとんどです。そのため、初心者でもはじめやすく、スワップ狙いの取引と組み合わせるのがおすすめです。

【おすすめの自動売買ツール】

会社名自動売買ツールおすすめポイント
外為オンラインiサイクル2取引・トレンド機能でトレンドを見極められる
・設定が簡単で初心者でも使いやすい
・1,000通貨単位で取引ができる
インヴァスト証券トライオートFX・自動売買ロジックを選ぶだけで取引を開始できる
・「MAi MAIT(マイメイト)」で自分だけのエージェントを作れる
・手数料を抑えて取引ができる
みんなのFXみんなのシストレ・ストラテジーを選ぶだけで取引を開始できる
・1000通貨から取引開始できる
・直感的に操作できる設計

なお、自動売買を始めるなら特におすすめなのが外為オンラインの「iサイクル2取引」です。相場の変動に自動追尾してくれる機能が搭載されているので、少額から低リスクで自動売買をしてみたい方は是非口座を開設してみてくださいね!

長期投資を狙う

スワップポイントは週単位ではなく、1カ月や年単位など、長期保有することでより多くのスワップポイントを得ることができるようになります。

もちろん、スワップポイントは日々変動するので、一定額を積み立てるのとは異なりますが、長期保有するだけでスワップポイントも溜まっていきます。

FXスワップポイント生活をしたいなら、長期投資をしていく前提で取引していくのがおすすめです。

\ 新規口座開設+取引で最大15万キャッシュバック /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

スワップポイントだけで生活する際の注意点

スワップポイント狙いの取引をしていくためには、いくつか注意すべき点があります。スワップ狙いの取引で注意するべき点を見ていきましょう。

レバレッジは3倍以下に抑える

スワップポイントは、長期投資を想定してポジションを保有していきます。そこにレバレッジをかけることも可能であるため、少ない資金でも運用していくことは可能です。

しかし、レバレッジをかけすぎてしまうと、価格変動が起こった際に、ロスカットされてしまう可能性が高まります。

ましてや、新興国通貨など不安定な通貨を活用していくのであれば、急な値動きにも耐えられるように取引していかなければなりません。

そこで大切なのがレバレッジをかけすぎないことです。

スワップポイント狙いの取引をしていくなら、レバレッジは3倍以下に抑えるのがおすすめです。実際に、レバレッジ別にトルコリラ/円で月5万円稼ぐ場合を見ていきましょう。

レバレッジ入金額ロスカット・レートロスカットまでの値幅
レバレッジ3倍86,000円3.428円1.422円
レバレッジ10倍26,000円4.560円0.290円

レバレッジが高い場合は、入金額が低くても月5万円スワップポイントで稼ぐことができますが、注目すべきはロスカット・レートとロスカットまでの値幅です。

レバレッジ3倍に設定した方が、ロスカットまで余裕があるのが分かります。

このように、なるべくロスカットまで余裕のある取引をしていくようにしてくださいね!

スワップポイントのシミュレーションをする

スワップポイント狙いの取引をする際には、スワップポイントのシミュレーションをすることで、事前に以下の点を把握しておくことが大切です。

  • 想定利益
  • ポジション必要証拠金
  • 推奨証拠金
  • ロスカットライン

スワップポイントで稼ぐための必要資金も大切ですが、それよりもスワップ狙いの取引の場合、ポジションを長期で保有し続ける必要があるので、ロスカットラインなどを事前に把握し、リスクに備えておくことも重要です。

みんなのFXやLIGHT FXではスワップシミュレーションを無料で行うことができるので、ぜひ利用してみてくださいね!

取引できない日の運用に注意する

FX取引には取引できない日があり、その際の運用には気をつけるようにしてください。具体的に取引ができない日は、土日・元旦・クリスマスです。

この市場が閉まっている間に要人の発言、災害などが起こると、市場が始まる月曜日に大暴落するという危険性もあります。

閉場時間では取引をすることができませんが、リスクを避けるためにも情報には敏感になっておきましょう!

スワップポイントだけで生活するのにおすすめのFX会社

スワップポイントだけで生活するためには、FX会社の選定も慎重になる必要があります。その理由は、FX会社によってスワップポイントが違うためです。

ここからは、スワップポイント狙いの取引がしやすいFX会社を3社ご紹介します。

GMOクリック証券

通貨ペア20通貨
取引単位1,000通貨
レバレッジ1~25倍
ロスカット証拠金維持率50%以下
スプレッドドル円:0.2銭 ユーロ円:0.4銭

スワップポイント
米ドル円:256円
トルコリラ円:47円
メキシコペソ円:272円
南アフリカランド円:18.1円
※スワップポイントは2024年4月8日時点

GMOクリック証券は、米ドル円やポンド円などのメジャー通貨だけでなく、メキシコペソ円やトルコリラ円の高金利通貨ペアのスワップポイントが優秀なFX会社です。

また、マイナススワップも一本値で設定されているので、スワップ狙いの取引も安定して取引が可能です。

さらに、GMOクリック証券にはスマホアプリや高機能チャート「プラチナチャート」など、操作性に優れたツールも充実しているので取引もしやすい環境が整っています。

スワップポイント狙いの取引だけでなく、為替損益の取引もしたい方は是非GMOクリック証券で口座を開設してみてくださいね!

みんなのFX

通貨ペア34通貨ペア
取引単位1,000通貨
レバレッジ25倍
ロスカット証拠金維持率100%以下
スプレッドドル円:0.2銭 ユーロ円:0.4銭

スワップポイント
米ドル円:257円
トルコリラ円:36.1円
メキシコペソ円:25.1円
南アフリカランド円:17.1円
※スワップポイントは2024年4月8日時点

みんなのFXは、スプレッドが業界内でも高水準のスワップポイント生活では強い味方になるFX会社です。

みんなのFXでは、受け取れるスワップポイントだけでなく、マイナススワップが低く設定されている傾向にあります。

さらに、みんなのFXでは自動売買の他、市場の値動きを予測する「通貨強弱」と「ヒートマップ」などの独自機能も充実しているので、初心者でも取引していきやすいツールも揃っています。

スワップポイントを稼いで生活したい方、マイナススワップが低いFX会社で取引したい方は、是非みんなのFXで口座を開設してみてくださいね!

LIGHT FX

通貨ペア46通貨ペア
取引単位1,000通貨
レバレッジ25倍
ロスカット証拠金維持率100%以下
スプレッドドル円:0.2銭 ユーロ円:0.4銭
スワップポイント米ドル円:258円
トルコリラ円:47円
メキシコペソ円:26.1円
南アフリカランド円:17.1円
※スワップポイントは2024年4月8日時点

LIGHT FXは、人気の新興国通貨ペアに加え、米ドル円や英ポンド円などのメジャー通貨のスワップポイントも高水準なFX会社です。

スワップポイント業界No.1チャレンジを掲げており、スワップポイント狙いのより良い条件を提供しています。

同社利用のトレーダーの動向が把握できる「売買比率と価格分布」などの独自ツールも提供しており、初心者でも市場の値動きなどを把握しやすくなっています。

約99%の約定率も誇っているので、スワップポイントだけでなく合わせてデイトレードにチャレンジしたいトレーダーは是非LIGHT FXで口座を開設してみてくださいね!

FXスワップポイント生活に関する質問

FXスワップポイントで生活する際のよくある質問についてまとめました。スワップポイントについて、さらに深く知っていきたい人は参考にしてみてください。

スワップポイントで月5万は現実的ですか?

スワップポイントで月5万円を稼ぐのは現実的です。

ただし、スワップポイントだけで月の生活費を稼ぐのは、多くの運営資金や証拠金が必要になります。

また、高金利通貨である新興国通貨は、暴落する可能性もあり安定していません。価値が安定していない通貨に、高額な資金を投資するのはリスクが高いです。

月5万円程度のスワップポイントを稼いでいくなら、トルコリラ/円でも必要資金は約257万円、そこにレバレッジをかければ、さらに少額でスワップポイント狙いの取引が可能になります。

大きなリスクを負わないためにも、スワップポイントは月5万円程度の利益を出す計画で取引するのがおすすめです。

スワップ3倍デーとは何ですか?

スワップ3倍デーとは、外国為替市場が休場となる土日を含む金曜日からの3日間のスワップポイントが繰り越されて月曜日に3日分のスワップポイントが発生する日のことです。

FX取引は2営業日後に受渡日を迎えるため、水曜日から木曜日にポジションを持ち越しした場合、3日間のスワップポイントが繰り越されます。月曜日がスワップ3倍デーとなり、3日間のスワップポイントが受け取れるのです。

なぜスワップポイントが0円だったのですか?

土日や通貨国の祝日などでは外国為替市場が閉まるので、スワップポイントが付与されません。

また、ポジションの持ち越しがされたとしても、銀行の休業などの関係でスワップポイントが0円になることもあります。

ただし、スワップポイントが0円であっても、別日に持ち越しがされるので心配しないようにしてください。

スワップポイント生活で月一万円稼げますか?

スワップポイント生活で月1万円稼ぐことは可能です。

スワップポイントを月1万円稼ぐシミュレーションをしてみましょう。

通貨ペアトルコリラ/円メキシコペソ/円南アフリカランド/円
1カ月に必要な通貨数10万通貨13万通貨20万通貨
1日のスワップポイント350円270円170円
必要資金47万円114万円160万円

必要資金も現実的で、レバレッジをかければより少額で取引をすることが可能です。

初心者はまずは月1万円のスワップポイントを目指して取引してみるのもおすすめです。

トルコリラでスワップ生活は可能ですか?

トルコリラでスワップ生活をしていくことは可能です。

トルコリラはスワップポイント狙いの取引がしやすい通貨であり、高金利通貨であるトルコリラと低金利通貨である円のペアを組み合わされば、高いスワップポイントが期待できます。

長期取引をしている投資家にも選ばれている通貨ペアなので、充分スワップ生活できる通貨ペアと言えるでしょう。

豪ドルでスワップポイント生活は可能ですか?

結論からいうと、豪ドルはスワップポイント狙いの取引には不向きな通貨です。

オーストラリアの政策金利は4.35%でそこまで高金利であるとはいえません。ただし、オーストラリアは資源国であるため通貨は安定している傾向にあります。

豪ドルで取引する場合には、為替差益の取引をメインにし、スワップポイントはおまけ程度に考えて取引すると良いでしょう。

ドル円でスワップポイント生活は可能ですか?

アメリカの政策金利は5.25%〜5.50%となっており、日本との金利差が広く高スワップが期待できる通貨ペアです。

また、米ドルは取引数量も多く、安定して取引ができるメジャー通貨でもあります。

そのため、ドル円でのスワップポイントは期待できますが、トルコリラやメキシコペソと比べ、大きい資金が必要になるので、その点は注意しましょう。

まとめ

スワップポイントだけで生活するためには高額な資金が必要であり、スワップポイントは月5万円〜月10万円程度の利益を目指すのが現実的であることをご紹介してきました。

スワップポイントだけで生活することは難しいものの、スワップポイントは長期取引において利益のプラスになることは間違いありません。

スワップポイントで少しでも利益を得ていくには、スワップポイントのシミュレーションをしていき、スワップポイントを変動していくことも加味した上で、投資をしていく準備をしていきましょう。

スワップポイントはFX会社によっても違いがあるので、スワップポイントに有利なFX口座を作ること、スワップポイントのリスク分散も忘れずに行ってください。

今回ご紹介した注意点をしっかりと確認して、スワップポイントで生活できるようにしていきましょう!

目次