トラリピはやばいという評判は本当?口コミからメリット・デメリットを徹底解説!

トラリピの評判

トラリピは自分の判断で売買を行うのではなく、自動的に売買が完了する仕組みです。前もって決済方法を設定しておけば、その後は自分で操作する必要がなくなります。

トラリピの利用を考えている方の中には、「未経験者でも安全に使えるの?」「トラリピはやばいって聞いたことあるけど本当?」「トラリピの評価が気になる」と不安に感じている方も多いかもしれません。

今回は、トラリピのリアルな口コミ・評価・評判を紹介していきます。また、メリット・デメリットについても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

トラリピとは?

トラリピとは「トラップリピートイフダン」を略したもので、マネースクエア社が提供している自動売買システムです。

一般的に、為替相場はある一定の幅で価格が変動しやすいと言われています。そのため、利益を出したいという方は為替の上がり方を予測するよりも、値動きの範囲を決めた方が時短にもなるでしょう。

また、トラリピには為替相場が一定の範囲で動くという性質を活かして、複数の細かなイフダン注文を自動的に繰り返すシステムがあります。

トラップ・リピート・イフダン
  • トラップ=為替相場にいくつかのイフダンの罠を仕込んでおく
  • リピート=再び注文する時間&手間が減らすために注文を繰り返す
  • イフダン=「いくらで買えたらいくらで売る」という注文を指す

上記のように、単発的に大規模な利益を狙うよりも、全体的に少しづつ利益を重ねていく仕組みとなっています。

トラリピは、長期的に安定して稼げるようになりたいという方には最適な注文方法となっているので、「コツコツ利益を得られるようにしたい」という方であれば、非常におすすめですよ!

マネースクエアのトラリピの評判や口コミ

マネースクエアのトラリピの評判や口コミは以下の通りです。

  • 豪ドル/NZドルの取引に向いている
  • 設定が簡単ですぐに始められる
  • リスクの判断がしやすい
  • 手間がかからず、自動的に売買してくれる

順番に確認していきましょう!

豪ドル/NZドルの取引に向いている

FXで取引する貨幣は米ドル/円が圧倒的に多いですが、トラリピは豪ドル/NZドルの取引額が一番多くなっています。

「同じ範囲で上がったり下がったりする相場」が長く続いた分だけ利益が出やすく、それに向いているのが豪ドル/NZドルです。

豪ドル/NZドルの通貨ペアは隣の国同士なので、基本的に経済圏は変わりません。そのため、レンジ相場が作りやすくなり、この相場が得意なトラリピは豪ドル/NZドルとかなり相性が良いと言えるでしょう!

設定が簡単ですぐに始められる

多くの方が自動売買の設定を難しく感じているかもしれませんが、トラリピは取引の価格帯を決定することを最重視しています。

「売買・通貨ペア・レンジ・トラップする本数・注文額・利益値幅」が必要となる設定なので確認しておいてください!

また、もっと気軽にトラリピを始めたいという方用に、「トラスピ戦略リスト」というプロが考えたものをそのまま反映できる仕組みもあります。

サポートも手厚く、オンラインでも無料で受けられるので、困った時は悩まずに相談してみましょう!

リスクの判断がしやすい

自動売買に任せていても「注文前にリスクの確認をしたい」という方は多いと思います。

トラスピはリスクの事前確認もしやすくなっており、発注する画面の「トラスピのリスク試算」を押すと、誰でも簡単に把握可能です。

レンジ内で評価損を出さないこと、レンジ外で損失を広げないことだけを気を付ければリスク管理は格段にしやすくなりますよ!

手間がかからず、自動的に売買してくれる

トラリピは自分が設定した価格内で売買を自動的に行ってくれます。

そのため、自分ですべてを判断する取引よりも効率良く、多くの時間をかけずに済みます。

さらに、細かい値動きも見逃さず、繰り返し取引ができるので、時間が取れない方や長期的に投資を行っていきたい方にとっては非常におすすめですよ!

トラリピの評判や口コミから分かるメリット

トラリピの評判や口コミから分かるメリットは以下の通りです。

  • 相場の値動きを予想する必要がない
  • 資金が少なくても注文可能
  • 相場が短期間に急変動しても対応できる
  • 時間を気にせず運用可能
  • 約定力が高い
  • 手数料がかからない
  • 長期的な資産形成に最適

順番に確認していきましょう!

相場の値動きを予想する必要がない

トラリピでは予測したレンジの中で相場が動くと強制決済となるため、上がるか下がるかの予想はしなくても問題ありません。

前もって設定したレートの中であれば、何もしなくても注文・決済を行ってくれることは非常に魅力的だと言えるでしょう!

資金が少なくても注文可能

大体のFX業者は10,000通貨から投資が始められるようにしていますが、トラリピは1,000通貨からが対象です。そのため、まとまった多額の資金が用意できなくても少額からの取引を始められます。

トラリピを少額で試しつつ、慣れてきたら資金を増やしていくとリスクを抑えながら運用を開始できるので、おすすめですよ!

相場が短期間に急変動しても対応できる

トラリピの相場は値動きが上下しやすいので、短期間に急変動するほど利益が出ます

一般的なFXは為替相場の動きを予測し、当たれば報酬が手に入り、外せば損失を出すという仕組みです。

そのため、短期間に急変動しても柔軟に対応できるトラリピが持っている大きな魅力と言えるでしょう!

時間を気にせず運用可能

トラリピではいつでも自動的に売買を行ってくれるので、自分でチャートを確認しなくても取引が進みます。

マネースクエアユーザーの平均年齢は約46歳で、3年以上取引を継続しているユーザーの平均取引期間は9.3年となります。

「FXで勝つためにはチャートを監視しなければならない」と考える方も多いですが、トラリピなら気軽に資産運用が可能なので、あまり時間をかけられない方におすすめです!

約定力が高い

トラリピでは「オンメモリトランザクション機構」という取引システムを取り入れており、高い安全性を確保しつつ1秒で約5000件の高速約定が実現されています。

常に価格が動いている為替相場では、狙ったところで捉えられるかが重要です。

利益の機会を逃したくない方は、約定力の高いトラリピを是非活用しましょう!

手数料がかからない

2018年の10月から手数料がかからなようにしており、無駄なコストが発生しません。また、ストップロスの取引や損切も手数料が無料となっています。

それ以外の取引手数料も廃止しているので、トレーダーは自由度の高い取引が可能です!

長期的な資産形成に最適

預かっている残高は1口座あたり平均85.1万円となっており、これは業界平均の約4倍強です。また、現在取引中の預かっている残高は、1口座あたり273万円となっています。

マネースクエアユーザーはFXを資産運用として考え、ある程度の資金を用意してから長期的な投資をしようと計画しているのでしょう。

マネースクエアの口座を持っている人の中で「トラリピ」の利用者は90%にも達しているため、多くの方が長期的な運用に取り組んでいることが分かります。

損失を抑えながら利益を重ね、中長期運用をしたい方はトラリピを利用してみましょう!

トラリピの評判や口コミから分かるデメリット

トラリピの評判や口コミから分かるデメリットは以下の通りです。

  • 通貨ペア数が限られている
  • トレンド相場が不得意
  • スプレッドが広めに設定されている
  • 短期で大規模な利益は狙いずらい

順番に確認していきましょう!

通貨ペア数が限られている

トラリピで投資可能な通貨ペアは表の通りとなります。

通貨ペア
  • ユーロ/円
  • 米ドル/円
  • ユーロ/米ドル
  • ユーロ/英ポンド
  • 豪ドル/米ドル
  • 豪ドル/円
  • 豪ドル/NZドル
  • NZドル/米ドル
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • 米ドル/カナダドル
  • 英ポンド/米ドル
  • 英ポンド/円
  • メキシコペソ/円
  • 南アフリカランド/円
  • トルコリラ/円

表から分かる通り、現時点では16種類の通貨ペアが投資可能です。他社は20種類以上取り扱っている所もあるので、若干物足りなく感じる方もいるかもしれません。

ですが、トラリピは「米ドル/カナダドル」「ユーロ/英ポンド」「豪ドル/NZドル」の3つと取引がしやすいです。

同じ経済圏にあるので、レンジ相場が作りやすいです。さらに、昔のショック相場の値動きも変わりづらく、ロスカットなどをされる可能性は低いでしょう。

上記3種類の通貨ペアは「トラリピ世界戦略」を形成しており、メリットは以下の通りです。

メリット
  • 地域特有のリスクが軽減する
  • 年中いつでも値動きが活発化する
  • リターンとリスクを回避しやすい

他社と比較すると通貨ペアは少ないですが、利益を出すシステムが異なるため不安になる必要はありません。トラリピ世界戦略は長期的な資産活動をしたい方にとって良い仕組みとなっているので、検討してみてください!

トレンド相場が不得意

トラリピは同じ範囲で上がったり下がったりする相場が想定されているので、トレンド相場になると自動売買ができません。そのため、為替が上下どちらかに偏ってしまうと含み損が大きくなってしまいます。

トレンド相場で反発しないと含み損が大きくなり、ロスカットが執行してしまう可能性もあるので気を付けましょう。

スプレッドが広めに設定されている

スプレッドとは取引をする時の買値と売値の差額のことを指し、広くなるほど取引手数料がかかってしまいます。

他社よりもスプレッドが広く設定されているトラリピですが、その反面多くの手数料が無料となります。

手数料がかからないことは他社にはなかなかない制度なので、嬉しいですよね!

短期で大規模な利益は狙いずらい

トラリピは1回の取引で大きく利益を狙うわけではなく、取引を繰り返して収益を積み重ねていくスタイルを採用しています。

そのため、1度の取引では金額も大きくなりにくいです。また、設定次第で放置しても稼ぐことはできますが、短期間でたくさん利益を出したい場合は常にチャートを見張らなければならないので、負担が増えるかもしれません。

結論、「小さな取引を繰り返し行って利益を積み重ねる」ことで初めて安定して稼げるようになると言えるでしょう!

【まとめ】トラリピの評価・評判・口コミ

今回はトラリピのトラリピの評価・評判・口コミを詳しく解説してきました。

トラリピは自動的な売買を自分が決めた価格の範囲で行ってくれます。一回の設定でいつでも取引が可能なため、自分の時間を気にすることなく自動売買が成立する仕組みです。

まだFXに慣れていない方は、メリット・デメリットを再確認してから口座開設を検討してみましょう。

目次